離職者への特別融資制度とは

この不況で職場の経営状況が悪化したり倒産したりすることでリストラされたりなど離職を余儀なくされる人も多くいます。 突然の離職により、次の就職が決まり、そして給与を貰うまでの生活が困難になる家庭も多くあることでしょう。

さらには住宅ローンが残っている家庭ではさらに深刻な状況に陥る恐れもあります。そこで、離職者の為の特別融資制度と言うものがあります。 離職者への特別融資制度とは、その資金使途は住宅ローン等の借換え資金または小口の生活資金に充てる事が出来ます。 借り入れ限度額も住宅ローンなら3000万円まで、小口生活資金であれば、100万円まで融資を受ける事が出来ます。 その他に、教育資金使途としての融資を受ける事も出来、上限は300万円までとなっています。この、離職者の為の特別融資制度は国が行っていますが、全国の労働金庫の窓口で申請することが出来ます。

そして、運営は全国労働金庫協会が行っています。 今回は離職者の為の特別融資制度としてのご紹介でしたが、企業経営の悪化により、収入が大幅に減少した人も申請することが出来ます。 また審査がありますので、必ずしも申請をした全ての人が、審査に通ると言う訳ではなく、融資を受けられるとは限りませんのでご注意ください。



関連サイト

クレジットカード審査に通らない理由は?
学生だけれどクレジットカードの審査に通過したいという方は必見のサイトがこちら。
学生用のクレカもあるので審査は問題なく通過できるんですよ!審査ポイントはチェックしましょう。

Copyright (C) 銀行カードローン徹底比較 All Rights Reserved