総返済負担率の目安割合

住宅ローンを契約する際は、収入に応じた総返済負担率を考慮して返済計画を立てる事が重要です。 総返済負担率とは、年収に対する年間返済額の割合の事で、長期にわたって住宅ローンを返済するに当たり、無理にない返済金額であるかチェックするための割合です。 住宅ローンの総返済負担率の目安割合は年収400万円以下で年収の30%、そして、年収400万円以上で40%となります。

と、言う事は、年収が300万円の場合は、年間90万円までの借り入れであれば、生活に支障をきたすことなく返済出来るという事です。 年間90万円と言う事は、住宅ローンの場合、35年で住宅ローンを契約するという方が多いので、3150万円まで融資を受ける事が出来ます。 しかし、金利を考えると、それ以上の支払い金額という事になりますので、負担はかなり大きいものであると考えられます。

また、年収が300万円と言いましてもかならず3150万円を借り入れ出来るというものではありません。 銀行カードローンで融資を受ける際に報告する年収とは、保険や税金を引いていない総支給額であり、手取りの収入はそれよりも低い金額になります。 その為いくら年収の30%の借り入れが出来るからと言って満額ぎりぎりまで融資を受けるのは今後の支払い計画に大きく影響を与える事となりますのであまりお勧めはできません。

キャッシング関連サイト

銀行カードローン審査甘い?即日融資おすすめ比較!【主婦は?】
銀行カードローンは、なんと言っても利息が安い!しかも、銀行カードローンというだけで安心感もあります。年収が高ければ借りれる額も上がり、借入れを1本化する借り換えにもとても便利です。

Copyright (C) 銀行カードローン徹底比較 All Rights Reserved