住宅ローンの団信の仕組み

住宅ローンを契約する際には、加入しなければならない生命保険があります。 任意の場合もありますが、住宅ローン契約者が加入していると、安心して住宅で生活をする事も出来ますので、任意であっても必ず加入している方が望ましいとも言えます。

また、住宅ローン商品によっては自動的に生命保険に加入している場合もあります。他には、住宅ローンの他に諸費用も発生しますので契約する際には、あらかじめ別に予算を確保している事が大切です。 そして、この際の生命保険とは、団体信用生命保険(団信)という生命保険になります。 住宅ローンの団信の仕組みは、例えば住宅ローンの契約者が死亡したり、高度障害により、返済が困難になってしまった場合に生命保険会社が一括して住宅ローン残債を支払ってくれるとい仕組みになっています。 つまり、住宅ローン契約者が死亡や、高度障害に成った場合、残った住宅ローンの支払いをしなくて済むという事になります。

この場合住宅ローンを契約する本人というのは一家の大黒柱が多く、一家の大黒柱が返済不能となった場合、家計も相当圧迫される事となります。 しかし、団信に加入している事により、返済がなくなるので、家計圧迫される事もなく、生活費や固定資産税の支払いだけで住宅に住む事が出来るのです。


ローンの参考サイトはこちら

ほのぼのレイク審査厳しい?レイク審査申し込み窓口
ほのぼのレイクに関する情報が紹介されています。
審査の内容や、返済の方法などが知りたい方は必見です。
www.sinsakutikomi.com/

Copyright (C) 銀行カードローン徹底比較 All Rights Reserved